わんわん★apolog

お留守番犬アポロとモッコの日常

2010年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年08月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

突然の出来事

長らくご無沙汰をしておりました。

約3ヶ月も放置していたダラダラblog・・・。

あれからも楽しい事はたくさんありましたよ(*^^)v


お友達と遊びに行ったり・・・


CIMG1185.jpg


CIMG1188.jpg CIMG1222.jpg



山歩きに行ったり・・・


CIMG1260.jpg

kennbi.jpg



お誕生日会をしたり・・・


CIMG1389.jpg CIMG1454.jpg

CIMG1401.jpg



いつもと変わらず、まったり過ごしていました!


ところが・・・

先週の日曜日、アポロが突然入院しました。

土曜日に御飯を食べなくなり、なんかしんどそうな感じでぐったりしてる。

でもテンションがあがった時を見計らって、再度御飯を出すと完食。

ほっとしてたら、今度は血尿。

アポロが食欲をなくすなんて事自体、普通じゃないのに

血尿なんて!!!

そして、日曜日の朝も御飯を食べなかった為、即病院へ連れていきました。

検査の結果、告げられた病名は

『免疫介在性溶血性貧血』

何それ? 貧血?

すぐには意味がわからなかった。

貧血なら、薬で治るんじゃないの?

これが、最初に思った事です。

先生に、自分で自分の赤血球を殺してしまう病気で、

しっかり観察をしていかないといけない為、このままお預かりしますと言われた。

退院のメドはたちません、とも。

なんかイヤな胸騒ぎがしたけれど、アポロはあきらかにぐったりしてるし

歯ぐきも耳も貧血で真っ白。

黄疸も出ている状態。

こんな状態でお留守番もさせられないから、入院してる方が逆に安心。

とりあえず、アポロを残して帰宅をし

病気について、いろいろ調べ始めたのです。

そして・・・

これが、どんなに恐ろしい病気かという事を知り、

今後どうなっていくのかわからない不安で、押しつぶされそうになりました。



入院してから、ちょうど1週間後の日曜日。

昨日、アポロは退院できました。

勿論、治った訳ではないけれど、通院治療に移行できるまでには回復しました(^^)

まだまだステロイドの量は多量で、肝臓の値も突出しています。

でも、今は肝臓よりも溶血を止める方が先決。


頑張れ! アポロ!!


この1週間、泣かない日はなかったけれど

毎日励ましてくれた多くの友達。

どんなに心強かったか・・・。

本当にありがとう<(_ _)>


必ず良くなると信じて、アポロの記録を残していこうと思います。












スポンサーサイト

| 未分類 | 22:37 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。